wimaxの申込かんたんマニュアル

wimaxの申込はどこでやるのがお得?

家電量販店の店頭で契約

家電量販店もWiMAXの販売代理店であり、WiMAXの申し込み手続きをすることができます。
しかし結論から言うと、まったくオススメできません。
理由はただひとつ、キャッシュバックやキャンペーンの内容で大きく見劣りするからです。
ひとつ例を挙げてみます。

キャンペーン内容
ヤマダ電機 商品同時購入で5,000円割引
Broadwimax 初期費用18,857円割引

知り合いの店員に聞いてみたところ、WEB販売と比べると人件費等の販売コストが高く、価格面でキャッシュバックや思い切ったキャンペーンを打てないと言っていました。

キャンペーンの割引金額にご注意を!
よく、量販店のwimaxコーナーで「50,000円引きキャンペーン実施中!」といったのぼり旗を見かけます。
これだけ見ると、「50,000円も割り引いてくれるのか!」と大変魅力的に思えますね。
確かに50,000円割り引いてはくれますが、それ以上の金額が、月額料金に上乗せされて、総額を考えるとかえって損をするケースが多いので注意しましょう。

メリットはないの?

店頭で申し込むメリットは、その場で受け取れることくらいでしょうか。
Web申込でも基本的に翌日ないしは翌々日には受け取れるので、大きなアドバンテージとは言えませんね。

auショップは?

wimaxの回線を運営しているのはauKDDIグループのUQコミュニケーションズという会社です。
従って、KDDIの製品・サービスを販売するauショップでは、自社ブランドのUQwimaxを直接販売しています。
このため、独自のキャンペーンを打ちづらく、金額面で他より劣るため、auショップで申し込むメリットはありません。

webが一番

wimaxを扱っているプロバイダーと呼ばれるインターネット接続サービス会社がいくつかあります。
WiMAXサービス自体はどこも同じですが、キャンペーン内容や月額料金プランが違います。
人気のプロバイダーを比較してみました。

Broad Wimax GMOとくとくBB biglobe
月額料金 3,411円 4,380円 4,263円
キャンペーン内容 初期費用無料(18,857円分) 最大20,000円キャッシュバック 最大33,000円キャッシュバック

月額料金では圧倒的にBroadwimaxが安いですね。
キャンペーン内容としては、金額的にGMOとくとくBBがお得のように思えますが、実際にキャッシュバックを受け取れていないケースも多いので注意が必要です。

キャッシュバックは受け取れないことがほとんど
WiMAX契約時に受け取れるなら問題はないのですが、一年近く経ってから忘れたころに「申請をすれば」受け取れるとか、キャッシュバックに関する連絡が普段自分が使っていないプロバイダーメールのアドレスに来るため気づかないといった理由で、実際に受け取れている人の割合は2割程度ともいわれています。
これを考えると、「初期費用無料」といった確実に受け取れるWiMAXキャンペーン特典のほうが間違いないと言えます。

Broadwimaxの料金・キャンペーン内容の詳細はこちら⇒ Broadwimax公式サイト

wimaxの申込に必要なもの

クレジット決済

必要書類

WEB申込の場合は、手元にクレジットカードを用意しておくと、申し込みがスムーズです。
店舗店頭で申し込む場合は、本人確認用の運転免許証やパスポート・健康保険証等の身分証明書も必要です。
印鑑は必要ありません。

支払い方法

料金の支払いは、基本的にはクレジットカードでの支払となります。
口座振替を利用することも可能です。
WEB申込が完了すると、プロバイダーから口座振替用紙が送られてくるので、記入・捺印の上返送するだけです。
ただし、特典がなくなる等デメリットもあるので、注意が必要です。
デビットカードやプリペイドカードは、継続的支払いにはそぐわないという理由で、基本的には使えません。

wimax契約プランはどれを選ぶ?

ライトプランとギガ放題プラン

「ギガ放題」とは、データ使用量を気にしないで(※)、最大370Mbpsの高速通信をたっぷり使えるプランです。
(※3日間3GBの制限がかかる場合はあります)。
「ライトプラン」よりも685円高いですが、

  • 通信速度制限を気にしなくて済む
  • 最初の3か月間はライトプランと同額である

ことから、約8割の方がギガ放題を選んでいます。
最初3か月使ってみて、データ使用量がそれほどでもないと思ったら、ライトプランへの変更も簡単にできます。

wimaxの通信速度制限
wimaxの通信速度制限は、スマホやポケットwifiのそれとは内容が違います。
スマホやポケットwifiの場合、契約した月間データ通信量をオーバーすると途端に、実用に耐えられない速度に落ちて、これを解除するには追加の容量を購入する必要があります。
これに対して、wimaxの通信速度制限は、3日間10GBを超えた場合に速度制限がかかる場合があります。
速度制限がかかる時間帯は午後6時から翌日の午前2時までの8時間だけで、日中には何の支障もありません。
また、かかったとしても1Mbpsくらいのスピードは出ますから、Youtubeの標準画質動画の視聴にも耐えられるほどです。

wimax契約の流れ

w03受取
web申込(24時間対応)⇒https://wimax-broad.jp

簡単な審査

データ端末発送

到着即利用開始可
という流れになります。

平日16時、土曜12時までの申込であれば即日発送になります。
また、場所は秋葉原限定とはなりますが、申込即日店舗受取も可能です。

wimaxの公式申込ページはこちら⇒https://wimax-broad.jp

wimaxの申込審査って!?
クレジットカードなどの審査とは比べ物にならないほど簡単な審査なので、神経質になる必要はまったくありません。
料金を滞納している等のトラブルがある場合はひっかかることもありますが、ふつうはまず大丈夫です。