1. ホーム
  2. wimax店頭申込
  3. ≫auショップでのUQ WiMAXの申込はトク?

auショップでのUQ WiMAXの申込はトク?

auショップでWiMAXの申込をすることはできます。
ただ、WiMAXの申し込みはauショップだけでなく、家電量販店でもできますし、Webでも可能です。
auショップで申込むのは得なのか、検証してみました。

WiMAXはKDDIグループ


そもそもauショップがなぜWiMAXを扱っているのかご存知でしょうか?
なぜポケットwifiではなくWiMAXなのか?

それは、WiMAXの回線を運営しているUQコミュニケーションズが、auと同じKDDIグループだからです。
UQコミュニケーションズは、UQmobileブランドで格安スマホや格安SIMを、UQ WiMAXブランドで、モバイルwifiであるWiMAXを展開しています。

ちなみにポケットwifiはソフトバンクグループですね。

WiMAXには多数のプロバイダが存在する

UQ WiMAXはWiMAXの回線元ですが、そのWiMAXを扱う「プロバイダ」と呼ばれる会社はたくさんあります。

たとえば、ヤマダ電機やビックカメラといった家電量販店もプロバイダのひとつですし、Broad WiMAXやSo-net WiMAXといったWeb系のプロバイダも存在します。

また、UQ WiMAXも回線元であると同時に、プロバイダとして直接WiMAXの販売を行っています。

料金とキャンペーン内容で決めよう

これまでお話ししてきたとおり、どこのプロバイダでWiMAXを申し込んでも、WiMAX回線自体はUQ WiMAXの回線になりますから、回線のスピードやエリア・安定性など、回線自体はまったく同じです。
WiMAXの端末も、プロバイダによって異なるということはありません。

そうなると、どのプロバイダでWiMAXを申し込めばよいか選ぶ基準としては、WiMAXの月額料金とキャンペーンの内容ということになります。

料金はプロバイダが決められる

UQ WiMAXは、単に回線をプロバイダに卸しているだけですから、月額料金をはじめとするWiMAXの契約内容については、プロバイダが独自に決められます。

WiMAXの名前が、「Yamada Air Mobile Wimax」だったり「Broad WiMAX」だったりというのは、名前もプロバイダが決めることができるからです。
では肝心の月額料金とキャンペーンを比較してみましょう。

月額料金

ユーザーの約8割を占める「ギガ放題プラン」で、代表的なプロバイダを比較してみます。
UQ WiMAX 4,380円
家電量販店系
Yamada Air Mobile WiMAX 4,380円
Bic WiMAX 4,380円
WEB系
Broad WiMAX 3,411円
So-net WiMAX 4,180円
Nifty WiMAX 4,380円

ご覧の通り、WEB系のBroad WiMAXが突出して安いのがお分かりいただけると思います。

キャンペーン

UQ WiMAX 15,000円分商品券
家電量販店系
Yamada Air Mobile WiMAX 45,000~60,000円キャッシュバック
Bic WiMAX 45,000~60,000円キャッシュバック
WEB系
Broad WiMAX 初期費用(18,857円)無料キャンペーン
So-net WiMAX 20,000円キャッシュバック
Nifty WiMAX 20,100円キャッシュバック

これを見るとまず、家電量販店系のキャッシュバック金額が高額なのが分かります。
ただ、世の中にそうは美味しい話はなく、これにはからくりがあります。

一言で言えば、キャッシュバックのうちのかなりの金額が、24(24か月=2年間)に分割されて、月額料金である4,380円に乗ってくるということです。

ですから、一瞬ものすごくトクな気がしますが、要はまとまったお金を受け取れるが、そのうちの多くは、毎月返済するようなものだということです。

また、WEB系のキャッシュバックは、家電量販店系とは違ったからくりがあります。

まずキャッシュバックの受取は約1年後だということ。
ほとんどの方はまず忘れます。
もちろんその時期になれば、プロバイダから、キャッシュバックの受取手続きについてのメールが送られてくるのですが、ここでも大きなからくりがあります。

それは、メールは自分がいつも使っているメールアドレスではなく、WiMAX申込時に強制的に作られるプロバイダメールのアドレスに来ることです。
このため、メールに気づかない人が続出し、結果的にキャッシュバックを受け取れている人の割合は約2割程度しかいないと言われているわけです。

まとめ

ここまでお話ししてきたとおり、料金等はプロバイダによって大きな差があり、auショップでWiMAXを申し込むのはトクではないことが、お分かりいただけたかと思います。

家電量販店系は料金面でメリットはありませんから、おのずとWEB系が選択肢となりますが、キャッシュバックは受け取れるものだとは思わず、毎月の支払が確実に安いBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXの公式ページはこちら ⇒ https://wimax-broad.jp