1. ホーム
  2. wimax
  3. ≫WiMAX申込後の発送・届く日数と初月料金の扱い

WiMAX申込後の発送・届く日数と初月料金の扱い

発送のタイミングと届く日数


WiMAXはプロバイダーによって、端末を発送するタイミングや利用者に届く日数が違います。
人気のプロバイダーで比較すると、

発送・届く日数
Broad WiMAX 即日発送
Biglobe 2日~1週間
GMOとくとくBB 4日以上
so-net 3日~1週間
UQ WiMAX 最短即日

というように各社ばらつきがあります。

早く使い始めたいという場合はBroad WimaxかUQ wimaxが早いということにあります。
また、Broad Wimaxの場合は、場所は秋葉原と渋谷に限られますが、店舗受取も可能です。
最短で、朝にWEBでWiMAXの申込をして午後に端末受け取りということもできます

【BroadWimax受取センター】
・秋葉原センター
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町2-15
秋葉原加藤ビル2階 BroadWiMAX 受取センター
JR秋葉原駅より徒歩1分
【 受取可能時間 】10:00~17:00(平日のみ、土日祝休み)

・渋谷センター(2017年7月7日オープン)
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7
新大宗ビル1階(パソコン修理工場内)
Broad WiMAX 受取センター

初月の定義と初月料金の支払い

初月って、申し込んだ日なのか、端末を発送した日なのか、端末を受け取った日なのか、利用し始めた日なのか、どの日のことを指すのでしょうか?
実は、これを押さえておかないととくに「初月無料」のプロバイダーに申し込む際には損をします。
初月の料金も、プロバイダーによって、日割りだったり、無料だったりと扱いが違うからです。

初月の支払い 初月の定義
Broad Wimax 日割り 利用者が端末を受け取った日
Biglobe 無料 利用者が端末を受け取った日
GMOとくとくBB 無料 利用者が端末を受け取った日
so-net 無料 利用者が端末を受け取った日
UQ wimax 日割り 利用者が初めて通信をした日またはUQが発送して10日後、のどちらか早い方

Broad WimaxとUQ Wimaxは「日割り」ですから、端末を受け取るタイミングや利用し始める日がずれても、問題はありません。
問題なのは、その他3社です。
3社とも初月の定義が「利用者が端末を受け取った日」で、初月は無料ですから、もし端末を月末日に受け取ってしまうと、無料の期間が受け取ったその日の1日間だけということになってしまいます。
逆に、申込は前月であっても、端末の受取が月をまたいで翌月1日であれば、その「翌月」が初月になりますから、丸丸1か月無料ということになります。
たった1日の差で、1か月分3000円前後の差になりますから、申込のタイミングを考えましょう。
月末近くなって申し込んだ場合は、外出等で配達を避け、再配達の日を翌月1日にしましょう。