1. ホーム
  2. wimax
  3. ≫WiMAXのキャッシュバック・料金をプロバイダ別に比較してみた

WiMAXのキャッシュバック・料金をプロバイダ別に比較してみた

人気のモバイル回線であるWiMAXですが、数多くのプロバイダが存在します。
BIGLOBE、niftyをはじめとするWEB系のプロバイダ。
ヤマダ電機、ビックカメラなどの家電量販店系のプロバイダ。
果たしてどこが良いのでしょうか?
お得なプロバイダを見ていきましょう。

UQ WiMAX

WiMAXの運営元である「UQ WiMAX」はどのような料金体系になっているのでしょうか?

ギガ放題 通常プラン
月額料金 4,380円 3,696円
キャッシュバック額 3,000円~10,000円分の商品券
キャッシュバック条件 キャンペーン特設サイトから契約(期間限定)
キャッシュバックを加味した
2年間の総支払額
約95,000円 約80,000円
キャッシュバックを加味しない
2年間の総支払額
約105,000円 約90,000円

UQ WiMAXではキャッシュバックが商品券になるため、2年間の総支払額はそれほど安くありません。
WiMAXは、選ぶプロバイダによって通信速度や対応エリアの差がないので、単純に料金が安い所で契約した方がお得になる場合が多いです。
UQ WiMAXの商品券は契約後1ヵ月前後で郵送されるので、比較的手に入れやすいタイプのキャッシュバックと言えます。

Broad WiMAX

初期費用が18,857円かかりますが、こちらはWEB上から契約し支払方法をクレジット払い、そして所定のオプションへ加入することで無料にできます。

ギガ放題 通常プラン
月額料金 3,411円 2,726円
キャッシュバック額 キャッシュバックはなし
キャッシュバック条件 キャッシュバックはなし
キャッシュバックを加味した
2年間の総支払額
キャッシュバックはなし
キャッシュバックを加味しない
2年間の総支払額
約82,000円 約68,000円

Broad WiMAXにはキャッシュバックがありません。
その代り、月額料金が業界最安級となっています。
ギガ放題でも月額3,411円にて使用できるので、非常にお得にWiMAXを使えます。

BIGLOBE WiMAX

WiMAXのプロバイダーの中でもわりと知名度があるBIGLOBEはどうなっているのでしょうか?

ギガ放題 通常プラン
月額料金 4,380円 3,695円
キャッシュバック額 20,000円
キャッシュバック条件 貰えるのは13カ月後。契約後、WEBアンケートに答えると、13ヵ月目に「振替払出支払証明書」が届くので、郵便局にて換金
キャッシュバックを加味した
2年間の総支払額
約85,000円 約72,000円
キャッシュバックを加味しない
2年間の総支払額
約105,000円 約92,000円

BIGLOBEはキャッシュバックが2万円ありますが、注意が必要なのはWEBアンケートに忘れずに答えること、また、キャッシュバックが貰えるが13カ月後になることです。
キャッシュバックを加味したとしても、あまり魅力的ではないですね。

nifty WiMAX

nifty WiMAXもWiMAXプロバイダの中では名前が知られています。
どのようになっているのでしょうか?

ギガ放題 通常プラン
月額料金 4,350円 3,670円
キャッシュバック額 20,000円
キャッシュバック条件 契約後、マイページからキャッシュバックの受け取り口座を登録する。振り込まれるのは契約から9カ月後。
キャッシュバックを加味した
2年間の総支払額
約76,000円 約62,000円
キャッシュバックを加味しない
2年間の総支払額
約96,000円 約82,000円

niftyのキャッシュバックも2万円ですが、キャッシュバックを貰えるのは9カ月後になります。
キャッシュバックを加味した場合は、2年間の総支払額は抑えられます。

So-net WiMAX

So-net WiMAXはどうなのでしょうか?
本当にお得に契約できるのか、見ていきましょう。

ギガ放題 通常プラン
月額料金 3,980円 3,495円
キャッシュバック額 20,000円
キャッシュバック条件 貰えるのは13カ月後。申し込みから13ヵ月目に「So-net」のアドレスに「キャッシュバックお受取手続き」のメールが届くので、45日以内に記入して送信。
キャッシュバックを加味した
2年間の総支払額
約74,000円 約62,000円
キャッシュバックを加味しない
2年間の総支払額
約94,000円 約82,000円

So-netはキャッシュバックが貰いにくいです。
キャッシュバック受け取りのメールが、通常のメールアドレスに届くのではなく、So-netのメールアドレスに届くためです。
これにより、メールに気付かずにキャッシュバックをもらい損ねるかたが多くいるようです。

キャッシュバックを加味した2年間の総支払額は約74,000円と安いですが、これほど受け取りにくいことを考えれば、キャッシュバックを加味すること自体が危険だと思います。

GMOとくとくBB

高額なキャッシュバックを展開している「GMOとくとくBB」はどうでしょうか?

ギガ放題 通常プラン
月額料金 4,263円 3,609円
キャッシュバック額 32,000円
キャッシュバック条件 貰えるのは12カ月後。契約後、11カ月目にGMOとくとくBBのアドレスに「キャッシュバック特典振込案内」のメールが届く。送信日の翌月末日までに必要事項を記入し返信。
キャッシュバックを加味した
2年間の総支払額
約73,000円 約62,000円
キャッシュバックを加味しない
2年間の総支払額
約105,000円 約94,000円

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額は高いのですが、非常に貰いにくくなっています。
そもそも案内のメールに気付かない方が多いです。
キャッシュバックを加味できなければ、支払額はUQ WiMAXとほとんど変わらないので、メリットがありません。

ヤマダ電機

家電量販店系のプロバイダーは少し特殊です。
まずはヤマダ電機から見ていきましょう。

ギガ放題 通常プラン
月額料金 キャッシュバック 無 4,380円 3,696円
キャッシュバック 有 約6,000円 約5,300円
キャッシュバック額 最大50,000円
キャッシュバック条件 契約と同時に10,000円以上の商品を購入。まとめてプランというオプションに契約。
キャッシュバックを加味した 2年間の総支払額 約95,000円 約80,000円
キャッシュバックを加味しない 2年間の総支払額 約105,000円 約90,000円

家電量販店のキャッシュバックは高額なのですが、同時にオプション契約が必須であり、月額の使用料は高くなります
そのため、2年間の総支払額は、それほど安くはならないので注意しましょう。

ビックカメラ

最後に紹介するのは、ビックカメラです。
家電量販店として有名なビックカメラのWiMAXはどのようなものなのでしょうか?

ギガ放題 通常プラン
月額料金 キャッシュバック 無 4,380円 3,696円
キャッシュバック 有 約6,000円 約5,300円
キャッシュバック額 最大50,000円
キャッシュバック条件 契約と同時にオプションに加入。
契約と同時にビックカメラ指定のPCを購入。
キャッシュバックを加味した 2年間の総支払額 約95,000円 約80,000円
キャッシュバックを加味しない 2年間の総支払額 約105,000円 約90,000円

ビックカメラでキャッシュバックを受けるためには、別途オプション契約を結ぶ必要があり、同時に所定のPCを購入する必要があります。
そのため、初期費用は高額になり、結果的にキャッシュバックを受けてもそれほどお得にはならないので注意しましょう。

まとめ

まず家電量販店系プロバイダのキャッシュバックは、単純にキャッシュバック分が上乗せされて月額料金が高くなるので、おすすめしません。

次はWEB系のプロバイダですが、キャッシュバックをもらっている人の割合は2割程度という話もあるほど、キャッシュバックを実際に受け取るにはハードルが高いプロバイダもあります。

そもそも数か月後や1年後の受取の場合、何らかの事情で解約をすれば、キャッシュバックは受け取れません。そうなれば、キャッシュバックを加味して一番安いからと契約した計算が一瞬で崩れます。

WiMAXをお得に使うのであれば、貰えるかどうかが怪しいキャッシュバックに期待するよりも、元から月額料金が安くなるプロバイダを選ぶ方が良いと言われているのは、これが理由です。

例えば、月額料金が安いBroad WiMAXを選んだ場合、ギガ放題でも2年間の合計支払額が82,000円前後で利用できるので、かなり通信費はお得になります。