1. ホーム
  2. wimax
  3. ≫海外旅行でWiFiはどうすればいい?

海外旅行でWiFiはどうすればいい?

海外旅行の際、旅先でインターネットを使いたい!という場合があるかと思いますが、どうしたら良いのでしょうか?
ポケットWiFiを持っていく手段や、SIMフリー端末を購入するという方法があると思います。
また、端末レンタルもできます。

今回は海外旅行でWi-Fiを快適に使うためにはどのような方法があるのか見ていきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

ポケットWi-Fiは海外でも使えるのか?

Y!mobileやdocomoなどが提供しているポケットWi-Fiは、国際ローミングという、海外のWi-Fiにも対応しているので、海外旅行の時でも利用が可能です。
但し、国際ローミングは利用料金が高くなっています。

各キャリアが用意している海外用のパケットパックの料金は、平均すると1日あたり3,000円です。
例えば、1週間の海外旅行をするのであれば、通信費だけで20,000円を超えてしまいます。
よって、あまり旅行が長期になる場合は、国際ローミングの使用を避けた方が無難です。

WiMAXは海外でも使えるのか?

人気のモバイル端末であるWiMAXですが、WiMAXは基本的には日本国内限定のサービスになります。
アメリカと韓国の一部区域で限定的に使えますが、エリアは広くないので、使えないと思った方が良いです。
また、例え対応エリア内であっても、自分の使っているパソコンが、WiMAXの通信モジュールを内蔵したものでないと使えません。

さらに、海外(アメリカ・韓国)でWiMAXを使うためには、サービスを提供している現地の業者と契約する必要があります。
韓国では1日あたり300円(3,000ウォン)。
アメリカでは2時間で約550円(5ドル)、24時間で約1,100円(10ドル)、7日で約2,800円(25ドル)となっています。

通常のポケットWi-Fiの国際ローミングの利用料金に比べると、幾分か安価になっています。

端末レンタルについて

海外旅行の際に、ポケットWi-Fiの端末を業者からレンタルする方法もあります
有名なのは「イモトのWi-Fi」や「グローバルWiFi」などです。
この項目では、海外旅行向けのモバイルルーターをレンタルしている「イモトのWi-Fi」にスポットを当て、どのようなサービスを提供しているのか見ていきます。

イモトのWi-FiではモバイルWi-Fiの端末をレンタルすることができます。
世界200以上の国や地域を対象としているので、幅広いエリアでポケットWi-Fiを使えるのがウリです。
サービスの料金も1日680円~となっています。

それぞれの国での利用料を見ていきましょう。

利用地域 1日当たりの利用料金
アジア 680円~
北米・オセアニア・ハワイ・グアム・サイパン 980円~
ヨーロッパ・中南米・中東 1,280円~
アフリカ 1,580円~

これ以外にも、長期の旅行に向けた30日のパックプランや、複数国を旅するときに有効な周遊プランなどがあります。
基本的に利用が長期になるほど、割引率が高くなり、30日のパックプランでは、利用料金が最大で40%オフになります。

各キャリアが提供している国際ローミングが1日あたり約3,000円かかることを考えると、イモトのWi-Fiはその半額以下で使えるので、非常にお得にインターネットが楽しめます。
オプションとして、盗難・紛失保障の「安心パック」や、持ち運びが可能な「モバイル充電池」などのサービスも提供しているので、合わせて利用されると良いでしょう。

受け取りや返却も空港の専用カウンターを利用できるので、非常に利便性が高くなっていておすすめです


SIMフリー端末を自前で購入する

現在、日本のSIMフリー端末は、機種を選ばなければ10,000円台で購入ができます。
そのため、海外旅行の為に、海外向けのSIMカードを搭載した端末を用意するという方法も選択肢の1つです。

但し、格安SIMブランドの国際ローミングは「データ通信」に対応していないことが多く、使えるのは音声通話のみの場合が多いです
よって音声通話のみのSIMを使ってしまった場合、海外でデータ通信を行い、インターネットに接続するためには、旅行先の駅やカフェなどで併設されている、公衆無線LANを使う必要があります。

もちろんデータ通信に対応している格安SIMもあるのですが、非常に少数なので、探すのが大変になります。
そこで、1つの選択肢と挙げられるのが、海外でプリペイド式のSIMカードを購入し、それを使ってインターネット接続するという方法です。

この方法では、訪れる国や選択する通信業者によって料金体系が大きく異なってきます。
一例を出すと、アジアで8日間使えるプリペイドSIMは、4Gまたは3Gの高速データ通信が、4GBまで使えるデータ通信量で1,350円程度です。

4GB以上の通信を行った場合は、通信速度が制限されますが、動画をみたり、音楽をダウンロードしたりしなければ、4GBまでの通信量でも十分使うことができるので、通信費を抑えたい場合は検討してみても良いでしょう。

SIMフリースマホやタブレットを使ってテザリング

テザリングとはスマホやタブレットを使って、PCをインターネットに接続させることを言います。
SIMフリースマホを使って、テザリングすれば、海外でもインターネットの利用ができます。
前項でも言いましたが、日本の格安SIMカードは音声通話のみの対応なので、海外で利用するためには、海外向けのプリペイド式のSIMカードを購入する必要があります。

プリペイド式のSIMカードを、SIMロックが解除されているスマホに入れることでできる、テザリングによってPCをインターネットに接続させるのは可能です。

プリペイド式のSIMの多くは使えるデータ量の上限が決まっていて、大体1,500円で4GBまでしか使えません。
そのため、日本国内で使うように動画を観たり、音楽をダウンロードするような使い方には向きませんが、海外で道を調べたり、お店などを探したりする分には使えます。

まとめ

海外でのポケットWi-Fiの使い方についてみてきました。

  • 各キャリアの国際ローミングを使う
  • モバイルルーターをレンタルする
  • SIMフリー端末を使う(主にプリペイド式)

このような方法があります。
簡単に使えるのは、各キャリアが提供している国際ローミングですが、料金は高額です。
その際は、レンタルするという方法も良いでしょう。
空港での返却、受け取りができるので便利です。

費用を抑えたいのであれば、SIMフリー端末を購入し、現地のプリペイド式のSIMを購入。
そして、テザリングによってインターネットをするという方法も良いでしょう。
自分の海外旅行でのインターネットの使い方に合わせて、それぞれの方法を選んでみてください。